【ストップ 粗悪修理】パテを“厚盛り”して誤魔化す…不完全修復の全貌 その23 | CAR CARE PLUS

【ストップ 粗悪修理】パテを“厚盛り”して誤魔化す…不完全修復の全貌 その23

特集記事 特集企画
写真3
写真3 全 5 枚 拡大写真
本記事では、BSサミット事業協同組合・業界問題委員会を中心に収集している他社工場での粗悪修理の事例を紹介していく。

目の届かない部分における手抜き処置や、質の低い作業など、粗悪修理の行われた車両は、命の危険も伴う。今後このような不具合車両が無くなるよう、安全で適切な修理を行うことの重要性を呼びかけていきたい。

◆ケース1

リヤバンパーの軽い損傷事故で入庫した車両。バンパーを外したところ、リヤエンドパネルが過去の事故で損傷していて、修理されていなかった。「バンパーを装着したらわからなくなるからいいだろう」というような感覚で修理されなかったものと推察される。もし、この修理に関して修理料金を計上しているならば詐欺であり悪質だ。

写真1-1
写真1-2
◆ケース2

事故車修理で入庫したクルマのバンパーを外してみたところ、ラジエーターコアーサポートが過去に修理されていて、溶接点数が不足しておりサビも発生していた。確認のために車体寸法を計測したところ、基準寸法に比べてズレが生じていた。前部の骨格部分で重要な部品が正しく取り付けられていなかった。

写真2-1
写真2-2
◆ケース3

左リヤフェンダーにカット交換の跡があった車両が入庫。交換時に適切な溶接がされていなくて、鋼板を重ねた部分を簡単に溶接して止めてあるだけだった。また、つなぎ目のボディ側は引き出しされておらず、パテを「厚盛り」して誤魔化してあった。画像のパテ跡は、すべて前回の修理のもので、車体構造部材への典型的な不正修理の事例だ。

写真3

《カーケアプラス編集部》

この記事の写真

/

特集