【カーオーディオ・マニア】日産 エクストレイル by  AUDIO.VISUAL.SECURITY FIST 前編(オーナー・村上 潤さん) | CAR CARE PLUS

【カーオーディオ・マニア】日産 エクストレイル by  AUDIO.VISUAL.SECURITY FIST 前編(オーナー・村上 潤さん)

特集記事 インタビュー

car audio newcomer! 日産 エクストレイル(オーナー・村上 潤さん) by  AUDIO.VISUAL.SECURITY FIST 前編
car audio newcomer! 日産 エクストレイル(オーナー・村上 潤さん) by  AUDIO.VISUAL.SECURITY FIST 前編 全 8 枚 拡大写真
知人が乗っているオーディオカーを見て&聴いたことで一気にカーオーディオに魅了された村上さん。ナビの導入+スピーカー交換までをプランし狙い通りのサウンド&デザインを作った。インストールをを担当したのは北海道のAUDIO.VISUAL.SECURITY FISTだ。


◆知人のクルマを見てインストールを決意
ダイヤトーン・サウンドナビの高音質も体感

以前はカーオーディオに特別な関心は無かったというオーナーの村上さんだったが、カーオーディオが大好きでカスタムインストールを施したクルマに乗る知人に愛車を見せてもらったのをきっかけにカーオーディオへの関心が急速に高まっていった。
「知人から“カーオーディオはすごく良いよ~”と説明されたので、そのクルマを見せてもらって聴いててみたんです。音もすごく良いし、カスタムしてる内装もカッコ良いんです。それを見たら、すぐに自分もカーオーディオをインストールしたくなってきました」。

その頃タイミング良くクルマを乗り換えることになって、エクストレイルを買ったのもカーオーディオを本格的にはじめるきっかけになった。クルマの乗り換えを機に村上さんはオーディオのインストールを計画する。そこで知人にクルマをインストールしたプロショップを紹介してもらうことにする。こうして紹介されたのが北海道のAUDIO.VISUAL.SECURITY FISTだった。

初のプロショップだったが、カーオーディオへの興味が急速に強くなっていたオーナーは、ショップスタッフにいろいろな質問をする。来店直後からオーディオ基礎やシステム、各ユニットの傾向など、オーディオの話題は尽きなかったという。さまざまなオーディオシステムアップの話の中からまずは高音質なカーナビを導入することを決める。候補に上がったのはダイヤトーン・サウンドナビだった。
「ダイヤトーン・サウンドナビは実際に試聴してみると、今まで自分のクルマでは聞こえなかった音が聞こえてきたんです。“愛車をこんなサウンドにしたい!”と純粋に思った瞬間でした」。こうしてオーディオのインストールが開始した。


◆ナビとスピーカーに絞り込んで
一切の妥協なしにユニット選びを実施

ナビをダイヤトーン・サウンドナビに交換することは固まったのだが、プロショップでのシステムアップの相談はまだ続いた。もちろん予算を考えたシステム組みが大前提なのだが、その中でどこまでできるのかをいろいろ模索したという。
「限られた予算の中でできることを考えてもらったんです。そこで出てきたのがスピーカー交換でした」。
いろいろなスピーカーを試聴する中からチョイスしたのはビーウィズのコンフィデンスIII。ダイヤトーン・サウンドナビの内蔵アンプを使って、コンフィデンスIIIのパッシブネットワークを介してスピーカーを駆動するシンプルなシステムを作ることを決定した。
「ラゲッジのインストールもしたかったんですが、そこまでの予算がなかったので、一気に組むことは難しいと考えました。ここは後にとっておいてまずはフロントを仕上げることにしました」。

とは言っても、ハイエンドなスピーカーであるコンフィデンスIIIのチョイスは譲れなかったという。
「フロントスピーカーは妥協はしたくありませんでした。そこでスピーカーを内蔵アンプ+パッシブで鳴らすシステムに落ち着いたんです。まずはここからがスタートですね」。

ナビとスピーカーを決定したオーナー、チョイスした両ユニットは音の良さはもちろんだが、自分のフィーリングに合った音だったこと、そして“日本ブランド”にこだわったためだという。
「ダイヤトーンのナビ、スピーカーはビーウィズと、いずれも日本のブランドでまとめたかったんです。それとサウンド面だけではなく、偏心コーンのデザインもすごく気に入ったのも決め手のひとつでした」。
ナビやスピーカーに妥協することなく自分が納得するユニットを組み込みつつ、予算に合わせたシンプルなシステムを完成させたのがオーナーならではの手法だ。


◆音質面に加えてデザインのレベルを高める
アウターバッフルは外せないメニューだった

ダイヤトーン・サウンドナビの内蔵アンプを使い、パッシブネットワークを介してコンフィデンスIIIを鳴らすというシステムを採用したオーナー。シンプルシステムながら高音質を引き出すためには取り付け面には十分に手を加えることにした。
「ドアのカスタムインストールも譲れ無いポイントでした。アウターバッフル化することでサウンドの良さはもちろん、デザイン面でもインパクトを出したかったんです」。

カーオーディオの楽しさを教えてくれた知人が、カスタムインストールを施していたことも影響していたという。今回はナビとスピーカー交換という最小限のシステム変更だったが、そこにカスタムインストールを加えるとしたらドアのアウターバッフルとAピラーへのトゥイーター埋め込みだった。このメニューだけは絶対に外せないと考えていたのだった。さらにイルミを使ってユニット周辺を光らせたいというオーダーも加え、今回のデザインができ上がる。その他のデザインはインストーラーにお任せだったというが、その仕上がりにオーナーも大満足。
「かっこ良く仕上げてもらってすごく満足しています。知人のクルマのインストールを見ていて影響されたのもあってオーディオ取り付けのデザインにはこだわっていたので、ドアとピラーの加工は特に気に入っています」。

狙ったサウンドとデザインを予算内で作り上げることをプランしたこのクルマ、セオリーにとらわれることなくオーナーが思い通りのシステムを組んだことがよくわかる内容だ。後編ではオーディオをインストールしたことによる日常生活の変化などについてリポートしていこう。

car audio newcomer! 日産 エクストレイル(オーナー・村上 潤さん) by  AUDIO.VISUAL.SECURITY FIST 前編

《土田康弘》

この記事の写真

/

特集